即実践講座の申込がスタートしました。

例年開催して、日々の教育・療育の現場で、即、役に立つと大好評を頂いている講座です。
平成31年度は、早稲田大学教授で自閉症児・者への支援では日本の第一人者である 梅永 雄二 先生 にお願いできることになりました。本年度も連続10回の夜間講座です。

自閉症児は一人ひとり特性の表れ方が違い、知的障害を伴う子どもから高機能自閉症・アスペルガー症候群の人まで幅があります。その支援には、自閉症の特性に沿った共通な部分は当然ながら多いのですが、その子の状態に合わせた応用も求められます。そこで、今回は前半では主に知的障害を併せ持つ方への支援を中心に、年度後半はアスペルガー症候群の人への支援を中心にお話しいただくことになりました。

もちろん、子どもたちが「大人になって幸せになるために」は、知的障害のあるなしに関わらず、丁寧なアセスメントと評価、それに基づくプログラムなど支援技術が支援者側に必要となります。
梅永先生から、TTAP、T-STEP、ESPIDDなど、最新のノウハウを岡山で10回に渡り、
しっかりと学べる貴重な機会です。大勢の皆様の参加をお待ちしています。

申込用紙はこちら(PDF)

申込用紙はこちら(Word)


2019年02月19日